大自然の石垣島に行ったら、新しい結婚式のスタイルを見つけた

前撮り 石垣島 沖縄 ブログ

2018年の夏、フォトウエディングが増えているということで、沖縄本島と石垣島に行ってきました。なかなかの過密スケジュールだったのですが、2020年の今あらためて考えてみると、とても貴重な体験だったと思うので、ここで振り返ってみたいと思います。

石垣島(いしがきじま)ってどこにあるの?

初日は、沖縄で色々経験したわけですが、これはまた後の機会にとっておくとして、2日目に訪問した石垣島について今回はレポートしたいと思います。

石垣島ってどこにあるかわかりますか?ぼくは奄美よりも南はすべて南国というイメージで、沖縄本島も石垣島もほとんど一緒のつもりでいたのですが、地図を見ると全然違いますね。

石垣島は八重山諸島にあり、沖縄本島よりももはや台湾に近い場所でした。

今回の旅で出会った沖縄の人の話によると、沖縄と石垣は風土というか人の雰囲気もちょっと違うみたいですね。これは戦争の歴史が少なからず影響しているようで、なんとなくそのあたりは感じるものがありました。石垣島は本島に比べると開放的というか、隠しているものがない素直な明るさに満ちている気がします。

石垣島のウエディング・結婚式といえば

さて石垣島でのウエディング、結婚式といえば、ワタベウェディングさんのチャペルがありますね。

琉球ガラスのバージンロードが美しいクルデスール・チャペル。チャペルで結婚式を挙げるとすれば、こちらが人気のようです。

いっぽうで、挙式ではなくて、ウエディングドレスを着て撮影をするフォトウエディングという結婚式も、石垣島では人気なんです。

本土のカップルがわざわざ石垣島まで足を運んで、そのきれいな海や自然豊かなロケーションで撮影をするんですね。

沖縄エリアのフォトウエディングはもとも人気が高い

この石垣島までの訪問までは、沖縄本島でのフォトウエディングが人気なのは、とてもよく感じていました。年間に何件も沖縄本島でのフォト撮影の相談がありますし、お手伝いもしていたので。

ただ石垣島については全く知識もなく、沖縄本島とあまり変わらないのではないかなと思っていたわけです。が、これが、全く別物なんです。

沖縄エリアのフォトウエディングは手軽さ、リーズナブルさで大人気

沖縄と石垣島 同じビーチフォトでもある意味「別物」です

沖縄本島のビーチフォトは、手軽にリーズナブルにきれいなビーチで撮影できるんです。これはこれですごいおすすめなわけです。本島にはビーチ以外にも回りたい観光スポットいっぱいありますからね。ビーチフォトをサクッと撮りたいかたにはおすすめのプランです。

いっぽうで石垣島のビーチフォトは、やはり大自然。「この先、車で行けるの?」みたいなくねくね道を進んだ先に、真っ青な海と空がふたりだけを誰もいないビーチで待ってくれている。海の透明度が高く、空の面積も広いのでやはり、沖縄本島よりも開放できな写真が撮れますね。そんな違いがあります。

石垣島の海と空は沖縄本島とは別物

島の魅力を感じてほしい 1DAYフォトツアーがおすすめ

そういう意味では、石垣島にせっかく行くなら、昼から夕方、そして夜までたっぷりロケーションフォトを楽しんでほしい。

きっと、想像以上に素敵な写真が撮れると思います。

私を案内してくれたキャプリィさんのオーダーメイド1DAYフォトツアーだと以下のような価格と内容になっています。

おすすめのオーダーメイド1DAYフォトツアーの内容と金額はこちら。

石垣島オーダーメイド1DAYフォトツアー
価格¥268,400(税込)
内容撮影料、新婦衣装3着、新郎衣装3着、着付け、ヘアメイク、小物一式、データ (350カット)、会食、家族と撮影、ペットと撮影
その他含むもの
衣裳フリーチョイス、撮影小道具、サロン⇄ロケ地の送迎、入場料等、介添人、面白ガイド、雨天保証、クオリティ補正、ドリンク

下記は撮影の流れ一例 (撮影場所は1組ごとに打ち合わせして設定します)
ビーチ撮影+2箇所(夕方ならサンセットがおすすめ)+星空(撮影できる日程は確認)+おまけスポット(計300カット以上)、ドレス、タキシード、ヘアメイク、着付け、飲物、全データ、サロンから撮影場所までの送迎(約8時間)

写真には映らない、石垣島の「旅」の魅力も入ってます

撮影だけでなく、旅行視点でも楽しむことができるのも魅力です。

撮影の流れに応じて、現地でオススメのサトウキビジュースやさんとか、アイスクリーム屋さんとか立ち寄ってくれたりするんです。これがとっても楽しい!現地の方々とお話もできるし、そういうサービスって嬉しいですよね。

ちなみにキャプリィさんにはもっと低価格なプランもいっぱいあります。興味ある方はぜひホームページをチェックしてみてください。

新しい結婚式のカタチのひとつとしておすすめします

2020年になって、新型コロナウイルスの影響で世の中全体の人の移動が制限されています。そんな中、別の都道府県に移動するということについては慎重になるべきかと思います。

ですが、人の移動が今まで通り戻った頃には、こうした旅行を兼ねたフォトウエディングはとても人気になると思います。

人の移動が解禁になる前 今のうちに相談してみて

今はまだ無理でも、いつかこのような「旅」+「ウエディング」+「フォト」の結婚式スタイルを挙げてみたいなと思っている方は、ぜひ前撮りオンラインに相談してみてください。

なお、こちらに掲載されている写真はすべてキャプリィさんからお借りしたものです。